悪玉コレステロールを減らす食事|生活習慣病を未然に防ごう

2倍以上になると危険です

男の人

悪玉と善玉があります

血液中にはコレステロールが溶け込んでいます。コレステロールとは脂質の仲間で、細胞等の構成成分として重要な働きを担っています。しかし、血液中に溶け込んでいるコレステロールには、悪玉と善玉があります。悪玉コレステロールは低比重リポ蛋白と結合したコレステロールのことで、善玉コレステロールは高比重リポ蛋白と結合したコレステロールのことです。なぜ、悪玉コレステロールと呼ばれるのかについては、低比重リポ蛋白コレステロールは、中性脂肪とともに血管壁に浸透して動脈硬化の原因となるためだと言われています。一方の善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを血管壁から除去してくれると言われています。そして、悪玉コレステロールの量が、善玉コレステロールの量の2倍以上になると危険です。

減少させるために

悪玉コレステロールを減少させるためには、コレステロールを多く含んでいる食品を控えることで、ある程度の効果が期待できます。しかし、前述の通りコレステロールは体にとって重要な役割も果たしていることから、極端に減らすことはおススメできません。そこで、悪玉コレステロールだけを減らす効果が期待できるサプリメントが販売されるようになったのです。以前から、悪玉コレステロールを減らすことで知られる食品として、イワシやサバ等の青魚が有名でしたが、これは青魚に多く含まれる必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸に悪玉コレステロールを減少させる効果があるためです。特に、オメガ3脂肪酸のDHAには、ダイエット効果や認知症予防効果等も期待できるとあって、今では大変な人気となっています。

食事に気を遣おう

男性

悪玉コレステロールを下げるためには、毎日どんな食品を食べるかがとても大切です。肝臓の働きを強くするタウリンや食物繊維、乳酸菌や青魚、大豆製品などをバランス良く毎日の食事から摂取できるようにしましょう。

Read More